2017年02月03日

『三原築城450年記念 隆景公千人茶会』のご案内


ごあいさつ

日頃より茶の湯文化に深いご理解を賜り心豊かに存じます。さて、
平成29年(2017)は、小早川隆景公が備後国三原に築城されて450年を
迎えます。隆景公の遺徳を偲び、下記のとおり、三原市内10ケ寺に於いて、
千人茶会を開催致します。三原市ゆかりの寺院の文化財と歴史にふれて頂き、
ゆるりと清遊の一日になればと願っています。
皆様のご来会を心よりお待ち申し上げます。

                        玉壷会 会長 難波幸一


◆ と き 平成29年6月11日(日)9:00-15:00(14:00受付終了)
◆ ところ お茶席:三原市内10ケ寺 / 点心席:三原サンシープラザ3f
◆ 会 費 お茶席@1000円(各席100名様限定) / 点心@1000円

三原築城450年記念、10ケ寺同時開催の『三原大茶の湯』は初の試みです。
お好きな席と点心を自由に組み合わせて貴方だけのオリジナル茶会をお楽しみ下さい!



【主催】玉壷会【共催】茶の湯歳時記同好会
【後援】三原市・三原市教育委員会・三原商工会議所・三原観光協会
    三原ロータリークラブ・三原ライオンズクラブ・三原浮城ラ
    イオンズクラブ・三原青年会議所・国際ソロプチミスト三原
    三原パイロットクラブ・三原テレビ放送・三原歴史と観光の
    会・藝陽日日新聞  


▼お茶券について

茶券見本.jpg
A4サイズのパンフレット型茶券で、情報満載!


寺院配置.jpg
茶券の裏に10ケ寺の地図、席主の紹介が印刷されています。

茶券のお申込みはこちら


▼お寺(茶席会場)とお茶席のご紹介

@ 法常寺 【濃茶】流派:表千家流

法常寺.jpg

◆法常寺【曹洞宗】
1258年、竹原小早川氏の菩提所として竹原市新庄木村山城の西側高地に建立。
天正20年(1592)現在の地に移されました。三原城西の守りとして要衝の地で、
本堂の佇まいは城郭を思わせる建築となっています。小早川隆景が病により急死
された時、密かに葬儀が行われ、この境内において火葬されました。
火葬された場所は現在も大切に伝えられており祠が建てられています。

◆席主より一言、お茶席のご紹介
【濃茶】【表千家流】(三原市より懸釜)

「隆景公の遺徳を偲び、自筆の消息文御軸を掛けて感謝の一服を差し上げます」

茶券のお申込みはこちら 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

A 順勝寺 【薄茶】流派:上田宗箇流

順勝寺.jpg

◆順勝寺【浄土真宗】
三原城築城に伴いこの地に移されました。この寺は市内の真宗寺の代表格であり、
1587年豊臣秀吉が九州に陣をかまえていた時、准如上人が見舞いに行く途中当寺で
一泊されるなど両上人の御数珠など真宗にとって貴重な品物が多数あります。
また、大きな山門は三原城門14のひとつといわれ、素朴な中に戦国の重厚さが
感じられます。

◆席主より一言、お茶席のご紹介
【薄茶】【上田宗箇流】(福山市より懸釜)

「武家茶点前で皆様に清々しい一服を差し上げます」

茶券のお申込みはこちら

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

B 大善寺 【薄茶】流派:表千家流

大善寺.jpg

◆大善寺【浄土宗】
新高山城の麓にあって小早川隆景公の信仰を受ける。三原築城に伴い現在地に
移築されました。江戸時代初期、徳川家光の姫で、月姫様が三原に輿入れし、
大善寺が菩提所となりました。月渓院は三原城主浅野忠義の生母。
江戸中期に須波の波止を築いた楢崎正員の墓など、学者、武芸者の墓がある。

◆席主より一言、お茶席のご紹介
【薄茶】【表千家】(福山市より懸釜)

「表千家六世覚々斎時代の取り合わせで皆様をお待ち申し上げます」

茶券のお申込みはこちら

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

C 浄念寺【濃茶】流派:速水流

浄念寺.jpg

◆浄念寺【浄土真宗】
天正年間東町に建てられて元禄時代に現在の地へ移されました。
先代住職の渡辺哲信氏は、明治時代に西本願寺派第22世門主・大谷光瑞と
ともに第1次中央アジア探険に同行、新疆に入りターシュクルガーン、
ホータン遺跡、クチャ(庫車)遺跡(キジル千仏洞)、トゥルファン遺跡
などの仏教遺跡を調査、偉業を成し遂げました。
また、童謡『かもめの水平さん』で有名な、武内俊子は、明治38年、
ここ浄念寺に生まれました。

◆席主より一言、お茶席のご紹介
【濃茶】【速水流】(尾道市より懸釜)

「波濤を越えて南風うるわし」三友会で皆様をお待ち申し上げます。

茶券のお申込みはこちら

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

D 宗光寺【薄茶】流派:速水流

宗光寺.jpg

◆宗光寺【曹洞宗】
天正5年(1577)小早川隆景が両親の毛利元就夫婦を弔う為に
新高山城内に建てた寺院で、(雲門山匡真寺)三原城築城の際、城下の
西側を守る砦も兼ね、この地に移されました。石門を入り土壁に囲まれた
広い石段を登ると、桃山風の重厚にして豪壮な構えの山門があります。
この山門は小早川家代々の居城であった新高山城の城門をここに移築したものと
伝えられ、四足門の切妻造り、本瓦葺きの桃山時代の建築で、国の重要文化財に
指定されています。福島正之の墓、浅野忠長(城主2代)の墓などがある。

◆席主より一言、お茶席のご紹介
【薄茶】【速水流】(岡山市より懸釜)

「雪舟等楊筆「山水図」の御軸を掛け、内裏のお点前で皆様をお待ち申し上げます」

茶券のお申込みはこちら

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

E 正法寺【薄茶】流派:遠州流

正法寺.jpg

◆正法寺【真言宗】
天正年間三原築城に際し、館町に移されました。ところが福島正則の代に
城の鬼門にあたる中之町に移し、侍屋敷を増築して東の街道を固め戦に備えました。
このお寺は三原城主歴代の祈願所として、また江戸時代三原4ヶ寺のひとつとして、
法燈を継承しています。

◆席主より一言、お茶席のご紹介
【薄茶】【遠州流】(松江市より懸釜)

「小堀遠州公の武家流お点前で”綺麗さび”のお茶を差し上げます」

茶券のお申込みはこちら

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

F 妙正寺【薄茶】流派:裏千家

妙正寺.jpg

◆妙正寺【日蓮宗】
三原城主浅野家の菩提寺として延宝2年(1674)東町米田山の麓に創建されました。
ところが、当時の山陽道から墓が下に見えるという理由から現在の地に移されました。
この地は、敵が占拠した場合、戦略上不利益になると反対があったほど城と城下を
眼下におさめられる要所で瀬戸内海の島々から遠く四国連山まで見える眺望絶景の地です。

◆席主より一言、お茶席のご紹介
【薄茶】【裏千家】(福山市より懸釜)

「隆景公が生きた時代を偲べる席づくりで皆様をお待ち致します」

茶券のお申込みはこちら

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

G 善教寺【濃茶】流派:表千家流

善教寺.jpg

◆善教寺【浄土真宗】
「備後古城記」に天文23年(1554)に沼田川河口の小島城で戦いがあって、
小早川隆景によって落城した城主摂津守祐直。その子息若狭守は三原を逃れ、
やがて柴田勝家に従い武功を挙げました。しかし、戦国の世に儚さを覚えた
若狭守は出家し、行圓と号する僧侶となりました。行圓は故郷三原に帰り、
草庵を営みましたがこれが現在の善教寺と伝えられています。

◆席主より一言、お茶席のご紹介
【濃茶】【表千家流】(松江市より懸釜)

「相国寺・有馬頼底管長御好道具で松江枕流会一同、皆様をお待ち致します」

茶券のお申込みはこちら

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

H 専福寺【薄茶】流派:速水流

専福寺.jpg

◆専福寺【浄土真宗】
は、小早川隆景の有力な武将の末近四郎三郎信賀ゆかりの寺として、
御調町今津野津蟹に臨済宗佛通寺派でありましたが、広島県へ真宗が布教され北部を
中心に改宗する寺院が続出したとき、この寺も、慶長2年(1597年)に祐教が
真宗に改宗して、堂宇を今の地に移しました。

◆席主より一言、お茶席のご紹介
【薄茶】【速水流】(尾道市より懸釜)

「流祖速水宗達の師、一燈宗室自作の御茶杓で一服を差し上げます」

茶券のお申込みはこちら

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

I 極楽寺【薄茶】流派:裏千家

極楽寺.jpg

◆極楽寺【浄土宗】
三原城築城の時、糸碕神社裏糸崎谷に移築され、そして又、城下整備の
一環として寛文年間、城主浅野家の家臣によって現在地に移されました。
本堂(県重文)は、浄土宗の近世遺構の完備した残存例がほとんどない中で、
古来の仏堂形式を忠実に継承されている遺構です。小早川家代々の居城であった
高山城の裏門を移築したものと伝えられる山門(市重文)の他、7000体の達磨
コレクションを集めた青山記念堂も三原ならではです。

◆席主より一言、お茶席のご紹介
【薄茶】【裏千家】(尾道市・福山市より懸釜)

「隆景公を偲び、一碗を掌に多くの恩恵に感謝の一服を差し上げます」

茶券のお申込みはこちら

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

▼点心のご紹介

J サンシープラザ3階 仕出し 吉いけ(三原)
  三原の食材を使った「隆景公弁当」をご賞味下さい。

K サンシープラザ3階 大丸日本料理場(尾道)
  隆景公を支えた「村上水軍弁当」をご賞味下さい。
  
  ※点心席は、10:00-16:00迄とさせて頂きます。

点心のお申込みはこちら


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※寺院の画像、及び寺院紹介文の一部は、三原観光協会ウェブサイト、三原観光navi
より掲載させて頂きました。


posted by 玉壷会 at 09:33| Comment(0) | 隆景公千人茶会